新着情報

2015/04/17
[new]
【検査部門】還元情報(月報)の集計プログラムのエラーについて
現在、検査部門還元情報(月報)の多剤耐性緑膿菌(MDRP)において集計プログラムの不具合が発生しております。ただいまシステム復旧中のため、データの受理はいたしますが還元情報(月報)の作成を停止しております。
2015年1月以降の還元情報(月報)についても、システムが復旧するまでダウンロードはお控えください。
ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんが、ご理解くださいますようお願いいたします。
2015/04/08
[new]
【全入院患者部門】参加登録証明書発行機能に不具合がありました
プログラムの一部に不具合があり、4月8日までに発行した全入院患者部門参加登録証明書の一部に、「提出の有無」が正しく反映されていないものがあります。現在は不具合が解消され、正しい内容が表示される仕様に改められています。
ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。

4月8日までに全入院患者部門の参加登録証明書を取得した医療機関は、「提出の有無」欄をご確認ください。誤った内容が記載されている場合は、取得しなおしていただけますようお願いいたします。

また、参加登録証明書の内容に不明な点がある場合は、お問い合わせフォームよりご連絡をください。
ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
2015/04/07
[new]
【参加登録証明書発行機能をリリースしました】
参加医療機関専用サイト内に新設した「参加登録証明書」のタブより発行画面に遷移 します。
「年」を選択し、「確認」ボタンをクリックし、任意の方法で印刷もしくはPDF保存を行ってください。
院内感染対策サーベイランス事業への参加登録証明書が必要な場合は、こちらから作成し、使用してください。
2015/04/01 【検査部門】提出データチェック項目の追加
検査部門のデータ受理時に、菌名と抗菌薬感受性結果との不一致をチェックする機能を追加しました。
該当するデータがあった場合は、提出状況一覧画面の「警告件数(薬剤感受性不一致)」に表示されます。
件数をクリックし、菌名コードまたはMIC値をご確認のうえ、データを修正してください。
VRE(菌名コード1202、1206、1210)と報告されているにもかかわらずVCMが感性
MRSA(菌名コード1303)と報告されているにもかかわらずMPIPCが感性
MSSA(菌名コード1304、1305、1306)と報告されているにもかかわらずMPIPCが非感性
なお、今回の機能追加前に提出されたデータについては、該当するデータが0件でも「件数不明」と表示されますが、ご了承ください。
2015/03/13 全入院患者部門の公開情報
全入院患者部門の公開情報2014年7月〜9月の四半期報を作成しました。
2015/02/20 検査部門の還元情報(参加医療機関向け)
検査部門の還元情報2014年4月〜6月四半期報が作成されました。参加医療機関専用サイトの「還元情報ダウンロード」からご確認ください。
2015/02/10 警告(SIR判定不能)への対応について
JANIS検査部門では、2015年1月分データよりSIRの判定基準を
CLSI2012(M100-S22)へ更新いたしました。
異なる判定基準を用いている場合、一部の菌種と抗菌薬においてSIRが判定不能となってしまいます。
その場合の警告に関しては、修正する必要はありません。
また、判定基準の違いによって表示されるメッセージは警告であるためエラー率には影響はありません。
なお、検査部門では細菌検査にかかわる全データをご提出いただくことになっておりますので、警告と表示されたデータを除外することなく、そのままご提出ください。
2015/02/06 検査部門の公開情報
検査部門の公開情報2014年4月〜6月の四半期報を作成しました。
2015/01/22 参加医療機関一覧
参加医療機関一覧を2015年1月時点に更新いたしました。
2015/01/19 検査部門の還元情報(参加医療機関向け)
検査部門の還元情報2014年1月〜3月四半期報が作成されました。参加医療機関専用サイトの「還元情報ダウンロード」からご確認ください。